運輸・物流業

最先端の顧客体験と業務効率を実現

運輸・物流業の継続的な課題:顧客と貨物を継続的にフォローする

デジタルトランスフォーメーションや市場に波紋を呼ぶ新たな動き、常に変化する顧客の期待など、輸送・物流業界に大きな変化の時が訪れています。俊敏性と競争力を維持することは、最近の世界的なパンデミックへの対応に限らず、継続的な日々の課題となっています。

ミッションクリティカルな環境において、単純にレガシーシステムを廃止して新しいシステムに切り替えることは、ビジネスリスクを高くする可能性があります。また、検討が必要なのは社内システムだけに限らず、複数の外部システムに接続することや予期しない変化にできるだけすばやく対応することなど、サプライチェーン全体の最適化が必要です。Blue Prismを導入すれば、全社的に業務プロセスを見直すことになり、このような課題に正面から取り組めるようになります。

運輸・物流業の変化を推進しているものは何か?

Blue Prismはどのような役割を果たしているのか?

カスタマーサービス
カスタマーサービス 貨物および業務管理 需給計画 サイバーセキュリティ管理 SAP統合および移行

顧客体験の改善

顧客サービスの改善は、ロジスティクスプロバイダーは強力なブランド評価を確立し、より多くの顧客を引き付け、売上増とROIの最大化に貢献します。Connected-RPAにより、顧客とのコミュニケーションがスピードアップされ、最適な料金で最も効率的なサービスを提供できるようになります。

料金モニタリング

料金の変更を自動的に判別し、インパクト分析を生成します。運送費用ログを一元化することによりバイヤーが収益を生み出す活動に専念できるようにします。

見積管理

オンデマンドの自動見積により遅延を最小限に抑え、顧客体験を向上します。

ステータス更新

あらゆる時点における荷物の状況を通知し、顧客満足度を大幅に高めます。

クレーム対応

管理を自動化して、顧客に進捗状況が定期的に通知されるようにします。コンプライアンスチェックを実行して、未処理のクレームが放置されないようにします。

貨物および業務管理の負荷を軽減

トラック、航空便、船便を使う貨物の管理は非常に複雑です。適切な運送業者により、適切な料金かつ適切なルートで荷物を運送されるための整備には、長い時間を要します。インテリジェントオートメーションは複数のパートナーシステムとの接続を円滑化し、手作業を減らし、ニーズに最適な運送業者を選定してコスト効率を高めます。

運送リクエスト

デジタルワーカーは効率的で費用対効果が高いアプローチにより運送業者を選択し、コストを計算して最良の料金を提示したサプライヤーに発注します。

出荷の追跡管理

追跡管理システムを活用してサードパーティの運送業者を含むシステムの出荷状況を自動的に監視し、配送状況をリアルタイムに近い状態で表示します。

スケジューリング

スケジューリングシステムを適宜リクエストにより更新することで、リクエストから実行まで最短の時間で行え、手作業で行った場合のコストのかかるミスを削減できます。

生産性の向上

IoTデバイスや無線識別タグによって収集されたデータの照合、分析、操作を行うことで、ルート計画の最適化や、プロセス効率の改善とコスト削減を図ります。

契約管理

契約書の作成、更新、契約更改を自動化します。手作業によるミスを削減し、契約更新の機会を最大限に生かすことができます。

業務の効率化

あらゆるシステムのデータにアクセスして統合します。APIやEDIは不要です。

データを「知見」に

物流チェーンの効率性は、正しい需給計画を立てられるかどうかにかかっています。ただし、複雑なレコードとデータセットを見直すことは大きな課題であり、過去の販売データから顧客要件に応じた個別の注文対応まで、無数のソースから適切なデータを収集して分析する作業には時間と労力がかかるだけでなく、ミスも発生しやすい作業です。インテリジェントオートメーションはデータの照合、集約を自動的に処理し、組織全体の正確な意思決定を支援します。

データの集約

社内外の複数のシステムからデータを取得し、分析や確認ができるようにデータをクレンジングしてフォーマットを調整したうえでプランナーにデータセットを提供します。

トレンド分析

デジタルワーカーをデータ分析アプリケーションに接続して、データ分析を行い、サプライヤーの料金設定から顧客の購買活動に至るトレンドを識別します。

予測レポートの活用

より正確な予測で詳細なレポートを自動生成して配布することにより柔軟性を高め、コストを削減できます。

予防型メンテナンスのサポート

各種センサーやシステムからデータを収集します。予測アルゴリズムを活用した予防型メンテナンスを可能にし、ダウンタイムを最小限に抑えます。実装初年度に650件の障害を減らし、メンテナンスと換装費用を1,000万ドル節約した企業もあります。

サイバーセキュリティ管理者を支援

悪意のある活動の脅威がすべての部門全体で増大するにつれ、サイバーリスク管理の重要性が増しています。攻撃を受けた結果、顧客データが消え、競争力が低下し、重要な輸配送の接続が失われることがあります。セキュリティ管理の要素を自動化することで、リスクを最小限に抑えることができます。

セキュリティツールの保守

アンチウイルスなどのセキュリティアプリケーションを監査して、実行と有効期限を確認し、必要に応じて更新します。

データポリシーの適用

デジタルワーカーを使用してデータが不適切な場所に保存されていないことの確認やデータのアーカイブを実行するなど、あらゆる形態のデータ侵害のリスクを低減化します。

社内コンプライアンスの実現

社内のセキュリティポリシーに対する定期的なチェックを自動化し、何かが抜け落ちて予防可能な脆弱性が残ることのないようにします。

セキュアシステムアクセスの管理

自動化を使用してITシステムおよび施設へのアクセスを制御および保守し、従業員が必要なタイミングと場所でのみアクセスできるようにします。デジタルワーカーを活用することで一貫したアクセス要求とアクセス削除の方法が保証されます。

SAP運用の効率化

SAP ERP Central Component(SAP ECC)のサポートは2027年で終了します。遠い先のように思えるかもしれませんが、SAP S/4 HANAに移行するタスクは困難なものとなるでしょう。多くの組織にとって複数のオプションを選択することが求められ、何年もかかることが避けられないためです。組織はERP戦略とデジタルトランスフォーメーションの方法について慎重に考えなければなりません。

データ移行および検証の管理

Blue Prismは、既存のデータベーステーブルから新しいテーブルへのデータ移行を調整し検証できるため、ERPの移行が容易です。

基本機能の最適化

セキュリティ設定、ユーザー認証、デバイス/プリンターの設定から分析と検証、Fioriアプリのアクティベーションのプロセスを自動化します。

購入から支払い

デジタルワーカーにより発注管理、サプライヤー管理から検証、承認までP2Pプロセスが実行されます。

注文からキャッシュ

見積、注文管理から信用管理、顧客請求までのタスクを自動化し、内部プロセスを効率化します。

レコードからレポート

SAP S/4 HANAの総勘定元帳/企業間会計と原価計算を自動化して、手作業を減らし、経理チームがより複雑な作業に集中できるようにします。

SAP運用

調節、更新、アカウントサービス、顧客のオンボーディングなどの主要なSAP®オペレーションを素早く正確に実行して、顧客体験を向上します。

運輸・物流業関連リソース

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.