ウェビナー

Blue Prism RPA バージョン6 の保守終了が迫る中、必要な対応やv7バージョンアップご支援サービスについてのご案内

Blue Prism RPA バージョン6 の保守終了が迫る中、必要な対応やv7バージョンアップご支援サービスについてのご案内

本講演は終了しました。

2024年3月27日講演時の資料と動画を下記から確認いただけます。

Blue Prism v6の保守終了予定が発表されました。
突然保守がなくなるものではございませんが、これを機にバージョン7へのアップグレードを検討される方も多いかと存じます。

今回は特に、v6を稼働中のお客様にとって、メジャーバージョンアップとなり、v7でのインフラコンポーネント構成、ネットワーク構成の変更を伴う場合もあります。また、これを機にクラウド環境への移行も視野に検討を進めておられる方も多いのではないでしょうか。

この度、Blue Prismプロフェッショナルサービスでは、そのようなお客様のバージョンアッププロジェクトにありがちなお悩みに寄り添えるサービスの提供を開始しました。

このウェビナーでは、v6からv7へのバージョンアップにおいて課題となりがちなポイントを挙げながら、弊社プロフェッショナルサービスが提供するv7バージョンアップに特化した伴走型アップグレードプロジェクト支援サービス「Blue Prismバージョンアップご支援サービス」を紹介します。


登壇者

門脇 豪

門脇 豪

Blue Prism株式会社
プロフェッショナルサービス本部 本部長 執行役員