不確実性の高まる時代においては、効率性だけでなく、市場の変化に俊敏に対応するための企業変革力(ダイナミック・ケイパビリティ)の強化が必要とされており、人手に代わる労働力であるデジタルワーカーの導入は喫緊の課題となっています。

本資料では、製造業を採り上げ、業界を取り巻く環境と変革に向けたドライバーを要点として挙げながら、経営管理から財務、人事総務、開発・製造の現場まであらゆる部門のあらゆる場面で貢献するデジタルワーカーの活用事例を紹介しています。

併せて、「サプライチェーンへの適用」、「外観検査の自動化」、「基幹システム」の3つの具体的な事例を採り上げて、その活用術と導入効果を解説します。

紹介事例

  1. サプライチェーンへの適用 - サプライチェーンの一角で人を定型業務から解放
  2. 外観検査の自動化 - 人間による抜き取り検査がデジタルワーカーにより全量検査に進化
  3. 基幹システム - 製品構成の作成・検証


関連動画

以下リンク先にて、3D CADを用いてバリエーション図面を作成する一連の業務自動化のデモンストレーション動画をご覧いただけます。

部品図、組立参考図、構成部品図をベース品番からコピー・置換、モデル更新と図面の小変更を実施し、最後に変更差分の確認に用いる画像ファイルを出力するフローをBlue Prismのインテリジェントオートメーションがバリエーション図面分繰り返します。

最新情報

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.