contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年12月20日

RPAの未来2024年の予測

RPAの未来 - トレンドと予測
Table of Contents

RPAは退場か、それとも発展か?

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の評価と数値化を行い、2024年におけるこのタスク自動化サポートツールの未来像が明らかになりました。

RPAは、業務プロセス管理(BPM)、AI(人工知能)、機械学習(ML)などとともに、インテリジェントオートメーション(IA)の傘下に属しています。では、スタンドアロン型RPAはまだその評判どおりなのでしょうか。全社規模の自動化に完全に吸収されたのでしょうか。それとも生成AIに駆逐されてしまったのでしょうか。

SS&C Blue Prismのスタッフから直に得られた洞察とともに、2024年の予測を見てみましょう。

RPAの未来像

RPAはすでに多くの組織で導入されていますが、反復作業を自動化する以上の可能性はあるのでしょうか。現在はまだ初期段階です。自動化に踏み切り、ビジネス全体の新たな可能性を追求する組織は、今後さらに増えていくと考えられます。新しい年を迎え、多くの組織にとって最優先課題は、コストを最小限に抑え、カスタマーサービスを向上させ、進化する環境・社会・ガバナンス(ESG)規制に沿ってセキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスを改善する方法を発見することになっていきます。

ご存知のとおり、生成AIを抜きにしてRPAを語ることはできません。生成AIからさらなる技術的進歩が生まれれば、RPAもそれに合わせて進化し、さらに高い効率性と生産性を生み出すでしょう。

「LLMと生成AIがさらに高度化することで、自動化の構築が簡素化され、複雑で自動化が困難なプロセスに取り組むことができるようになります」

サニー・サハ

SS&C Blue Prism、アジア太平洋、SVP兼ジェネラルマネージャー

RPAは、2024年でも有用であり続けるでしょうか。

答えは「はい」です。RPAは、依然として有用な自動化ツールです。フロントオフィスとバックオフィスの仕事をこなすソフトウェアロボットを配備しています。もちろん、多くの企業がRPAを活用して次の段階に進み、総合的なデジタルトランスフォーメーションを実現する新たな方法を見出しています。

RPAは、管理業務で見られるような多くの反復作業の処理に最適です。しかし、RPAをAIと統合し、シチズンデベロッパーに利用しやすくすれば、企業はRPAから多くのメリットを得られるようになります。それが今後の自動化トレンドにおける予測です。

RPAは今後も普及するか

「プラットフォームは次第にシームレスな統合を重視するようになり、ユーザー体験が向上しています。[中略]RPAから機械学習(ML)、AIまでのツールを統合することで、タスクの自動化だけでなく、人手を介さないエンドツーエンドのプロセス管理が実現できます」

クリストファー・グローネ・スカアニルド、競合情報分析責任者、SS&C Blue Prism

RPAは陳腐化するか

RPAは、単体のRPAプラットフォームソリューションから、BPM、インテリジェント文書処理(IDP)などを含む、より広範なプラットフォームプレイ製品へと進化するでしょう。AI自動化には、ヒューマンインザループ(HITL)を必要としない無人型の自動化が含まれるようになります。また、ローコードまたはノーコードのツールによって、技術者以外のビジネスユーザーもアクセスしやすくなると考えられます。

RPAと他の新興テクノロジーとの関係

「BPM、RPA、IDPを単一のベンダーまたはプラットフォームモデルに統合することは、ビジネスの自動化における広範なトレンドの一部です。業務プロセスや顧客対応を管理・最適化する、さらに全体的かつ効率的なアプローチの提供を目的としています」

グレッグ・ウォーカー、プロダクトマーケティングマネージャー、SS&C Blue Prism

RPAの市場規模

RPAの導入は盛んで、その規模はさらに拡大しています。生産性の向上、コスト削減、顧客体験の向上といった需要に応えることが組織の最優先課題となり、自動化市場は成長を続けています。

「2025年までに、全業界の企業の70%が、アナリティクスを活用したビジネス意思決定・管理機能の導入に、デジタルビジネスモデル変革サービスを利用するようになります」

Gartner

Competitive Landscape:Business Process Automation 

「CIOの73%が、2023年と比較して2024年にAIと機械学習への投資を増加する予定だと回答しました」

Gartner

2024 Gartner CIO and Technology Executive Survey 

生成AIはインテリジェントプロセスの自動化に取って代わるか

「IAがAIに置き換えられるかといえば、そのようなことは起こらないでしょう。なぜなら、AIとインテリジェントオートメーションは、非常に相補的なテクノロジーだからです。AIが実用的な洞察を提供し、魅力的なオリジナルコンテンツを生成する一方で、インテリジェントオートメーションは、これらの洞察やコンテンツから必要とされる活動を実行し、正常な実行に必要なすべてのワークフロー、リソース、データをオーケストレーションして管理します。基本的に、IAはオーケストレーションと自動化機能を提供し、生成AIの創造性と分析機能をサポートすることになります」

ナタリー・ケイトリー、シニアディレクター、製品マーケティング、SS&C Blue Prism

RPAのトレンド

2024年の予測を7つのRPAトレンドに絞りました。

  1. 生成AI + インテリジェントオートメーション。
  2. デジタルワーカーファーストのプロセス。
  3. ピュアプレイからプラットフォームプレイへの進化。
  4. 戦略的アプリケーション。
  5. シチズンデベロッパー向けのユーザーアクセシビリティの向上。
  6. 倫理的な自動化とESGコンプライアンス。
  7. ガバナンスとセキュリティ。

各予測の詳細については、「2024年のトレンドと予測」のeBookをダウンロードしてご覧ください。

自動化すべきタスクがある限り、RPAはその一助となるでしょう。しかし、RPAの機能がインテリジェントオートメーションやAIの領域における他のテクノロジーを含むように拡大するにつれて、RPAのあり方は変化していくと予想されます。

RPAソリューションの未来

プロセスの自動化はまだほんの一部しか活用されていません。RPAがAIの統合によって進化を続けるにつれて、ルールベースの反復作業の自動化から、複雑な作業やエンドツーエンドの自動化プロセスへの転換が進むと見込まれます。

IAテクノロジーをめぐるガバナンスとセキュリティが向上するにつれて、金融サービスや医療といった規制の厳しい業界が、業務改善用の堅牢で信頼性の高いソリューションとして、デジタルワークフォースを導入するケースも増加するでしょう。

まとめると、未来のロボティックプロセスオートメーションは、ユーザーアクセシビリティが改善し、直感的なデザインになりつつあることで、ビジネスユーザーにとって身近なものとなっています。ローコードやノーコードの開発ツールを使えば、シチズンデベロッパー(技術的な専門知識がなくてもプロセス改善に自動化を導入できるユーザー)が増加するでしょう。これにより、従業員のスキルが向上し、RPAの民主化が進みます。

SS&C Blue Prismでは、信頼性の高いオペレーティングモデルであるSS&C | Blue Prism® Robotic Operating Model(ROM™2)と、ユーザーアクセシビリティを考慮して設計された、信頼性が高く効率性に優れたデジタルワークフォースによって強固な基盤を維持しながら、常に先を見据えています。

「2024年の自動化のトレンド」のeBookをダウンロードして、詳細をご確認ください。