E-Book

財務および会計部門へのオートメーションの導入

eBookをダウンロードして、インテリジェントオートメーションによって財務チームと会計チームを支援する方法をご確認ください。

このeBookでは以下の内容をご覧いただけます。

  • なぜ、今のタイミングで財務および会計部門をインテリジェントオートメーションで変革すべきなのか
  • 自動化の展開に最適なプロセスの候補
  • さまざまな企業が財務業務の変革を進めている理由
  • 自動化を導入するメリット

財務および会計

どのような組織にとっても、財務および会計(F&A)部門は運営の屋台骨です。そのため、テクノロジーが進化して顧客からの期待が高まるにつれ、会計チームに対する期待値も高まります。

F&A部門には、リアルタイムでレポートを出力してほしいといった要求や対応が必要な書類処理はさらに増えています。経費報告書の作成から、支払いの回収、キャッシュフローの分析、予測に至るまで、取引関連の業務は山のようにあり、企業の成長目標や利益拡大などに集中して取り組む時間はほとんどありません。

その一方で、F&Aのワークフローにインテリジェントオートメーションを実装すれば、精度の向上、コンプライアンスの維持、エンタープライズ全体へのスケーリングが約束されるため、ワークフォースを統合して業務を変革し、さまざまな部門全体にわたってオートメーションを拡大できます。

インテリジェントオートメーションを導入すると、財務および会計部門に早期に効果をもたらし、1か月あたり5,000時間の作業時間短縮と、プロセス処理数の最大75%増加につながる可能性があります。インテリジェントオートメーションを導入して、従業員がより価値の高い作業に注力できるようにすれば、組織全体の効率性が高まります。