アナリストレポート

Forrester TEI調査 2024

SS&C Blue Prismのインテリジェント オートメーション・プラットフォームに関するForrester Consulting社の2024年Total Economic Impact™(TEI)調査をご覧いただけます。

過去3年間でインテリジェント オートメーション (IA) がCAGR 5.4%の収益成長をどのように生み出したかをご覧ください。

収益成長の秘訣については、調査資料の全文にてご確認ください。

本調査では、IAが企業の経営陣によって推進される戦略的取り組みに位置付けられていることも示しています。

その他、本資料では次の内容について調査しています。

  • 戦略・戦術レベルの価値、または企業のためのIAの活用方法
  • IAが顧客の獲得、維持、顧客あたりの平均収益を改善する方法
  • IAがどのように顧客および従業員の体験に影響しているか、またどのように財務部門やIT部門を支援しているか
  • 従業員体験の向上による付加価値(定着率、生産性、コンプライアンス)
  • 投資収益率(ROI)モデル

Forrester TEIの調査では、統合されたIAソリューションと、収益の成長、生産性、コンプライアンスなどの主要な指標との間に明確な関連性があることが示されています。

本調査資料をダウンロードして、企業がどのように目標を達成したのか、その方法をご確認ください。

調査対象の属性

本調査は、ヨーロッパ、北米、APACの意思決定者166人を対象に実施しました。

Firmographics

We commissioned Forrester Consulting to conduct a survey amongst 166 decision-makers across Europe, North America and APAC.

Industry

Region

Implementation & Usage of RPA + BPM

Revenue

Company Size

Position

EMEA
Belgium 5
France 15
Germany 16
Netherlands 7
United Kingdom 20
United Arab Emirates 8
APAC
Australia 6
India 7
New Zealand 2
Singapore 8
North America
Canada 12
United States 60
  • Base: 166 decision makers across NA, EMEA and APAC with responsibilities for RPA and/or BPM in their organizations
  • Source: A commissioned study conducted by Forrester Consulting on behalf of SS&C Blue Prism, Januray 2024