contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年05月17日

インテリジェントオートメーションによるソフトウェアロボットの進化

ソフトウェアロボット
Table of Contents

話し言葉では「ボット」と呼ばれている、ソフトウェアロボットをご紹介しましょう。ボットは粘り強く、時間を節約するように設計されていて、正確な答えを返してユーザーの生産性を向上させようと一生懸命に努力してくれます。ボット自体は、自身に割り当てられた単純なタスクを完了するために作成された単純なコードでしかありません。おそらく皆さんは、ソフトウェアロボットをチャットボットやWebクローラーとして認識されていることでしょう。これらは、単純なタスクを遂行するために、人間が作成した特定の指示に従って実行されるように設計されているものです。

ソフトウェアロボットは命令に従いますが、できることはそこまでです。人工知能(AI)テクノロジーが結合されていない限り、ボットは単純なタスクと小さな成果を上げるために作成されたものでしかありません。一方、そこにAIが関わってくると、ボットの可能性はさらに大きく広がります。

皆さんがこのブログを読んでいるのは、所属する組織を成長させたいからでしょう。そのためには、インテリジェントオートメーション(IA)によって、単純なボットを優秀で学習を行うデジタルワーカーに変換して、簡単なものから複雑で構造化されていないものに至るまで、業務を全面的に変革する方法について考える必要があります。 

ソフトウェアロボットの定義

ソフトウェアロボット(「ボット」)は、指示に従って個々のタスクを完了するようにコーディングされた、定義済みのルールベースのプログラムです。 

もはやボットだけでは十分ではない理由

ここ数年にわたり、ロボティックプロセスオートメーション(RPA) の注目度が高まっていますが、それにはもっともな理由があります。RPAボットをデプロイすると、人間の従業員がより有意義な業務に取り組む時間が増えます。さらに、ボットは人間よりも短時間で、しかもエラーなしでタスクをこなします。RPAを利用すれば、組織はコストの削減、生産性の向上、顧客エクスペリエンスの改善を実現できます。

RPAとは、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)またはAPIを介してソフトウェアシステムとやり取りするビジネスプロセスオートメーションテクノロジーのことです。RPAでは、例えばあるシステムから別のシステムにデータを移動するといった、一連のルールが重視されます。

しかし、AIや機械学習(ML)などのインテリジェントオートメーションテクノロジーにロボティックプロセスオートメーションを組み合わせれば、ソフトウェアロボットで対処可能なことに限界はなくなります。

インテリジェントオートメーションを利用すると、デジタルワークフォースとヒューマンワークフォースを統合できるだけでなく、学習して人間の知能を模倣するロボットへとソフトウェアロボットを進化させ、一層効率的なワークフローを作成し、ボトルネックを減らすことができます。

ソフトウェアロボットとは 

では、ソフトウェアロボットとは正確には何のことで、なぜここではソフトウェアロボットを取り上げているのでしょう。

ソフトウェアロボットとは基本的に、明示的に与えられた指示に従って個々のタスクを完了するようにコーディングされたプログラムのことです。例えば、人がレシピを作成すると、ボットはそのレシピに書かれている手順通りに料理を作ります。こうした事前定義済みのロボットアプリケーションはルールをベースとしており、その適用対象とされるのは、貴重なヒューマンリソースを無駄にしかねない反復的なプロセスをはじめとした直線的なビジネスプロセスです。

一方、問題が発生した場合や、注意を要する複雑なタスクの場合はどうでしょう。ソフトウェアロボットは、多様性のあるプロセスや曖昧なプロセスを自力で理解できません。こしょうをもう少し足す、あるいはソースの煮込み具合を微妙に調整するといった考えを思い付くことはできません。そこで役立つのが、インテリジェントなプロセスオートメーションです。

ソフトウェアロボットは人間のアクティビティを基本的なレベルでシミュレーションする一方、IAはボットに対し、コミュニケーションをとるためのツールやより複雑な動作を繰り返すためのツールを与えます。ボットは事前定義されたアクションには役立ちますが、オートメーションの過程で次のステップを踏まない限り、学習も進化もしません。

ソフトウェアロボットに任せられることとは

AIを活用したオートメーションにより、ボットは稼働する中で進化するようになります。これが、IAに注目が集まっている理由です。IAは企業全体にインテリジェントに拡大して、業務をより効率的に行う方法を見つけ出します。

小さな成果を達成するためにボットを導入する 

組織にはすでに、単純なタスクを完了して小さな成果を上げるためにRPAボットが導入されているかもしれません。最も単純なボットが対処するタスクは、予測可能で反復的なものです。ボットは迅速かつ正確にタスクを処理することから、大量のアクションに効果を発揮します。

ソフトウェアロボットの進化

デジタルトランスフォーメーションの取り組みを推進する準備ができたら、大規模な変革について考える必要があります。インテリジェントオートメーションは現在のレベルと次のレベルとの間のギャップを埋めるために、機械学習、構造化データと非構造化データの処理、インテリジェントなドキュメント処理(IDP)、自然言語処理(NLP)などの人工知能テクノロジーを使用します。

ロボティックプロセスオートメーションの対話機能とIAの学習機能があれば、幅広い高機能タスクの処理に対応可能な自動化ソフトウェア システムにすることができます。

次は、ソフトウェアロボットにインテリジェントオートメーションを統合する方法を詳しく見ていきましょう。

オートメーションテクノロジーにおけるソフトウェアロボットのタイプ

使用するボットのタイプと、実装するロボットソフトウェアアプリケーションのタイプは、それらをデプロイする場所と方法によって決まります。RPAとIAのデプロイメントに関する究極のガイドはこちらにご用意しています。

オートメーションを導入するには、どのビジネスプロセスを自動化するのかを特定し、そのオートメーションを実装するエンタープライズアプリケーション全体を把握する必要があります。そのうえで、実行中のオートメーションをモニタリングして微調整できなければなりません。

オートメーションの取り組みを成功させるために役立つツールの例をいくつかご紹介します。

  • プロセスインテリジェンス:プロセスマイニング、タスクマイニング、ビジネスインテリジェンスを結合して、プロセスの仕組みに変革をもたらします。このツールはプロセスディスカバリー、分析、最適化を使用してオートメーションを適用するのに最適なプロセスを特定し、プロセスのパフォーマンスを最適化して、オートメーションを迅速に拡大できるようにします。
  • ビジネスプロセスオートメーション(BPM):このインテリジェントオートメーションテクノロジーを使用して業務プロセスを調査、特定、最適化、モニタリングすることで、最適な成果をもたらすことができます。BPMの分野には、プロセス管理、業務のオーケストレーション、コンテンツ管理、ビジネスアナリティクスが含まれます。
  • インテリジェントなドキュメント処理(IDP):これは、非構造化および半構造化データを有用な情報に変換し、エンドツーエンドのオートメーションを容易にするためのソフトウェアアプリケーションです。

以上はほんの数例にすぎません。オートメーションの成功を後押しして、最適な効率性でオートメーションを実行するのに役立つソフトウェアアプリケーションは他にも多数あります。

ソフトウェアロボットのアプリケーション 

さまざまな業界のさまざまな業務レベルで、オートメーションによって達成できることはたくさんあります。ほとんどの組織は、基本的なオフィス業務の自動化から始めて、広範囲に及ぶ革新的なソリューションを網羅するようにインテリジェントオートメーションを進化させていきます。

ですが、まずはソフトウェアロボットの使用例をいくつか見ていましょう。

ソフトウェアロボットのユーザーとは

大手金融サービス業

バンキングシステムでは、ソフトウェアロボットを使用して取引を評価し、不正の兆候があるかどうかを確認できます。

ボットはアカウントからデータを引き出し、それをAIアルゴリズムにフィードします。AIエンジンで顧客の典型的な支出パターンを調べ、不正なアクティビティがあるかどうかを判別します。

不正の疑いがあるアクティビティは、単純なソフトウェアロボットで特定することができますが、インテリジェントオートメーションを使用すれば、行政への警告、取引の凍結、内部調査員との連絡、顧客への通知といった複数のステップが必要になるようなアクションも、ソフトウェアロボットが実行できるようになります。

AIを活用したこのようなボットは、人間の介入を必要とせずに、組織内外のさまざまなシステムと安全にやり取りします。

カスタマーサービス

チャットボットは、カスタマーサービスレベルで機能するソフトウェアロボットとしてよく知られている例です。単純な反復の中で、チャットボットは単純な質問に対して返答し、顧客対応の次のステップと、その顧客への対応を人間のエージェントに任せる必要があるかどうかをあらかじめ判断できます。

AIを活用したソフトウェアロボットでは、このような対話が拡張されて、複数の顧客とのいくつもの会話に同時に対応できるようになります。

ボットは瞬時に応答して、製品やサービスに関するリアルタイムの回答を提供できます。したがって、顧客を待たせる時間が短縮されるため、全体的な顧客エクスペリエンスが改善されます。

ロボットが人間の仕事を奪う日は来るのか 

組織にとって、ソフトウェアロボットが効率性の向上とコスト削減を実現するのに役立つ理由を説明してきましたが、従業員にとってはどうでしょうか。そのうちロボットが人間の仕事を奪うことになるという懸念を耳にしたことはあるでしょう。あるいはご自身でも不安に思っているかもしれません。それは本当でしょうか。

これにはもう少し複雑な、そして興味深い事情がありますが、 要点を言うと、ソフトウェアロボットが単調で反復的なタスクを引き受ければ、人間はより有意義な業務に注力できます。従業員はスキルをさらに磨き、人間として持っている共感、思慮深い意思決定、掘り下げたコミュニケーションといった資質を活用できるようになります。

ソフトウェアロボットを導入して進化させる方法

最後に取り上げるのは、拡張可能で学習機能を備えたオートメーションを組織で確立するために、IAと併せてソフトウェアロボットを導入する方法です。

オートメーションの取り組みにIAを導入するのに遅すぎるということは決してありません。オートメーションは常に進化している分野です。また、幸いなことに、RPAボットとIAは本質的に結び付いているので、すでに小規模にでもソフトウェアロボットに投資していれば、堅牢なフレームワークを導入してインテリジェントオートメーションに拡張することができます。

プロセスで改善したい点を調べて、ニーズを満たすツールとテクノロジーを見つけてください。それに該当するのは、ここで取り上げたツールやテクノロジーかもしれません。あるいは、すでに必要なものはわかっていて、開始する前にガイダンスを必要としている場合もあるでしょう。

SS&C Blue Prismが、インテリジェントオートメーションを活用したソフトウェアロボットの正しい使い方を判断できるようお手伝いいたします。