ブログ | 2020年02月03日

Salesforce と連携する企業向けインテリジェントオートメーション

BP Salesforce Thumbnail2

ここ数ヶ月、Salesforceとの協力の下、Blue Prismは企業の複雑なワークフローの自動化を顧客がより容易に行えるように努力を重ねてきました。私たちの目標は、「ビジネスリーダーやコンタクトセンターエージェント、営業担当者自身が、インテリジェントオートメーションパワーを存分に活用できるようにすることで、より迅速な対応を可能にする」という、実にシンプルなものでした。

Blue Prismのデジタルワーカーは現在、SalesforceのService Cloud、Sales CloudおよびEinsteinと連携する形で提供されています。Salesforce AppExchange上では、Salesforceコネクターと共にBlue Prismのconnected-RPA(コネクテッドRPA)プラットフォームを利用でき、Blue PrismのDigital Exchange(DX)上では、新たに5つのスキルの利用が可能となりました。新たなBlue Prism Salesforceコネクターによって、Salesforceユーザーは、インテリジェントなデジタルワークフォースを通してSalesforce内のおけるRPAの機能をさらに拡張できるだけでなく、オンプレミス、クラウドベース環境のいずれの場合においても、最先端のRPAの機能にシームレスにアクセスできるようになります。

私たちは共に力を合わせ、企業向けインテリジェントオートメーションへの簡単なアクセスを実現すべく努力を続けています。

たとえば、Service Cloudを利用するコンタクトセンターエージェントの場合、平均処理時間(AHT)を大幅に軽減できると同時に、一次解決率(FCR)が上がり、応対の質と精度を向上させることができます。より短時間かつ高い精度でタスクを処理でき、サービスエージェントや営業担当者はカスタマーサービスの全体的な質の向上させながら、より多くの時間を割けるようになります。

これは、ほんの一部にすぎません。コード選択が可能なAIおよびコグニティブ機能、そして人間の能力を真似るインテリジェントオートメーションスキルを活用して、誰もがSalesforceにインテリジェントワークフローを構築できる環境がSalesforceとの協力によって実現されます。また、あらかじめ設定されたコネクターが用意されているため、顧客データの入力、見積もり、アカウント更新など、Salesforceスタック内外のタスクを容易に自動化できるようになっています。ビジネスプロセスオーナーが、コンプライアンスや規制の問題に頭を悩ますことなく、IT部署に代わってプロセス定義の舵取りを行えるようになります。さらには、再利用可能なBlue Prismオブジェクトのライブラリを活用すれば、自動化を際限なく生み出すことができます。

Blue Prismは、追加のコンテキストを提供することでSalesforce Einsteinがより詳細な情報を得て決断を下せるように強化をしています。Einsteinの「次の最善のアクション」を導くためにコンテキストを改善し、EinsteinがAI/MLデータおよびモデリングツールをシームレスかつリアルタイムに操作できるようにしているのです。Blue Prismのインテリジェントオートメーションは、容易にSalesforce環境への統合ができます。そのため、先進的な分析モデリングのようなプロセスを、Salesforce内のアクションによって直接呼び出すことができ、適切かつリアルタイムに結果を得ることができます。

上記は、Blue PrismとSalesforceで実現可能な事柄のほんの一例にすぎません。より詳しくお知りになりたい場合は、

[email protected]

までご連絡ください。

あらゆる組織に最先端のデジタルワーカーを

世界中のさまざまな企業が業務プロセスを最適化し、収益性を高め、顧客体験を向上するために、Blue Prismのデジタルワーカーを活用しています。スマート、セキュア、スケーラブルなデジタルワーカーを導入して、未来の働き方をはじめましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.