contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年12月19日

業務プロセス自動化の未来

業務プロセス自動化の未来トレンド
Table of Contents

鏡よ鏡、業務プロセス自動化(BPA)の未来はどうなるのでしょう?

未来の予測には、魔法の鏡は必要なくても、ちょっとした洞察力は必要です。魔法は使えませんが、2024年のプロセス自動化のトレンドを読み解くために、ソートリーダーや専門家から洞察を集めました。

業務プロセス自動化の定義

本題に入る前に、BPAとは何かについて考えてみましょう。インターネット上では実にさまざまな定義がなされています。多くの場合、これは業務プロセス管理(BPM)、あるいはプロセスオーケストレーションと呼ばれています。ベンダーや戦略、製品によって微妙な違いはあるとしても、基本的には、個別のタスクからワークフロー全体まで、すべての業務プロセスを理解し、測定し、モデル化し、改善するための方法論です

これには、以下のものが含まれます。

  • プロセスのモデリング
  • プロセスオーケストレーション
  • 意思決定自動化
  • 継続的なインテリジェンス
  • タスク管理
  • ワークフローの自動化

当社の定義では、BPM/BPAは、テクノロジーでもあります。具体的には、SS&C|Blue Prism® Chorusを指します。

「方針としては、業務プロセスを調査、特定し、最適化し、モニタリングすることで、長期にわたって適切な成果と結果を出すことを意味します。インテリジェントオートメーションテクノロジーとしては、BPM(デジタルプロセス自動化または業務プロセス自動化ともいう)は、人材、プロセス、デジタルワーカー、データ、システムを結び付けます。これにより、すばやく、効率的かつ正確に仕事を完了でき、パフォーマンスを高め、ビジネス成果の達成、コスト削減、顧客満足度の改善につながります」

グレッグ・ウォーカー

製品マーケティングマネージャー、SS&C Blue Prism

BPAの市場動向

概して、BPA/BPMサービスの市場は今後も安定した成長が続くと見込まれています。Fortune Business Insightsによると、BPM市場は年平均成長率(CAGR)12%で成長し、2028年には261億8,000万ドルに達すると予測されています。

また、2025年までに、「Gartner® Competitive Landscape:Business Process Automation」では、「全業界の企業の70%が、アナリティクスを活用したビジネス意思決定・管理機能の導入に、デジタルビジネスモデル変革サービスを利用するようになる」と予測しています。

ここから読み取れるのは、現在、BPM/BPAのテクノロジーや方法論を活用している、あるいは導入を計画している企業は、変化への対応において明確にメリットを享受できる可能性が高いということです。単に効率化のためのツールではなく、プロセスを中心とした競争力を得る別の方法を組織に提供します。

業務プロセス自動化における次の大きな課題

1つだけ選ぶとすれば、おそらく生成AIでしょう。生成AIの一般公開は、まさに業務プロセスのゲームチェンジ戦略です。現段階では、ワークフローを改善し、すべてのステップを合理化、自動化、強化するという大きな可能性を秘めています。

ここで、その方法をいくつかご紹介します。

  • 動化の高速化:生成AIは技術的な問題を軽減し、プロセスの発見と開発を高速化します。その方法は、ユーザーが、プロセス、自動化、その他のコンポーネントを作成するためのプロンプトを書くだけです。
  • 自動化の質の向上:生成AIによって、データのアクセスや分析がしやすくなり、より大きな情報を引き出せるようになります。プロンプトの書き方によっては、自分で探すよりも早く、探している情報を具体的に引き出すことができます。
  • 自動化の簡素化:生成AIは、品質を維持し、中断を最小限にしながら、複雑で微妙に異なるユースケースを自動化できるよう支援します。たとえば、特定のケースに最適なワークフローを生成するよう、生成AIに依頼することもできます。

以下に、当社ソートリーダーの生成AIに関するコメントをご紹介します。

「多くの組織が使用しているBPMテクノロジーは古く、変化の激しい現在の市場で勝ち抜くには最新化が必要です。移行が遅れれば、アップグレードや転換に予想以上の時間がかかります。現在のテクノロジーが古い場合、組織はグリーンフィールド戦略を選択すべきです。その方が導入が早く、ROIの達成も早まるからです。さらに、毎年アップグレードする計画を立て、その計画を年間予算に組み込んで、最新の体験を維持するようにしてください」

ブライアン・ヘッセ

製品ママネージャー、SS&C Blue Prism

「ChatGPTの一般公開は、特にLLMと生成AIテクノロジーの活用において、大きなイノベーションを巻き起こしました。ビジネスおよびミッションクリティカルなプロセスではまだ発展途上ですが、こうしたテクノロジーはすでに、有人分野とタスクに特化した分野で有望なアプリケーションを提供しています。しかし、トップベンダーから提供される製品の急増により、顧客は誇大広告をふるいにかけ、安定した価値を実現するための判断力を必要としています」

クリストファー・グローネ・スカアニルド

競合情報分析責任者、SS&C Blue Prism

業務プロセス自動化における最新トレンド

生成的AIの他にも、インテリジェントオートメーションは、組織がそのプロセスに導入すべき最新のトレンドとして、引き続き注目されています。インテリジェントオートメーション(IA)は、AI(人工知能)、機械学習(ML)、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)、業務プロセス管理(BPM)などのテクノロジーをすべて統合し、自動化の可能性を一層高めます。

BPM/BPAが反復的なルールベースのプロセスの自動化を得意とするのに対し、RPAは反復的なルールベースのタスクの自動化を得意とします。

BPA/BPMとともに、IAとRPAは、通常人間の労働者が行う日常的で反復的なタスクやプロセスを、より効率的で効果的なデジタルワーカーが処理できるように変換します。人間の介入を減らすことで、人間の労働者は他の価値を高めるプロセスに集中できるようになります。このため、2024年はさらなる導入が進むと見込まれます。

「強力なBPM計画と連動した自動化はプロセスの改善に役立ちますが、単にテクノロジーを適用するだけでは、悪いプロセスを修正することはできません。だからこそ、分析と計画がプロセスをリードすべきなのです。つまり、現在のプロセスと結果を体系的に評価するということです」

グレッグ・ウォーカー

製品マーケティングマネージャー、SS&C Blue Prism

2024年の業務プロセス自動化におけるその他のトレンド

2024年のBPM予測に関するeBookでは、予測を7つに絞りました。生成AIの導入継続以外の予測は、以下のとおりです。

シチズンデベロッパー主導のプロセス開発:一般的なビジネスユーザーが、ローコードやノーコードの自動化ツールによってプロセスを改善し、独自のソリューションを作成できるようになります。

コンプライアンスと規制に対する注目度の高まり。:特に、自動化やプロセスに生成AIを導入する企業が増えるだけでなく、来年にはESG報告基準がさらに厳格化することが予想されます。BPM/BPAは、組織がデータに基づくコンプライアンス戦略を構築するうえで役立ちます。

テクノロジーの統合:完全なエンドツーエンドの顧客体験を提供する単一プラットフォームベンダーモデルへの統合が行われます。これには、RPA、プロセスインテリジェンス、インテリジェント文書処理(IDP)などのテクノロジーとともに、BPAが含まれます。

BPA/BPMプラットフォームによる、マイクロサービスとコンポーネント化の提供:これにより、システムが予防的であることを確保し、組織が常に最先端のイノベーションを実現できるよう支援します。

顧客重視の再徹底:純粋なビジネス重視のアプローチから、顧客体験とカスタマーサービスを直接改善するプロセスの最適化と自動化を目指します。それは、顧客ライフサイクルの高速化を目的とした自動化だけでなく、すべての対応が永続的な好印象を残すように戦略的に自動化することです。

細部にまで注意を傾ける:意思決定を行ううえで、このことが、より重視されるようになるでしょう。データ分析を通じてプロセスと自動化の複雑性を正しく理解することが、自動化の実効性を高める鍵であり、組織はその重要性に気づき始めています。

業務プロセス自動化の未来

自動化のおかげで、プロセスやビジネスの運営方法は改善に向かって変化しています。従業員はより自由に戦略的タスクに時間をかけることができ、自動化されたツールが、手作業や管理上の反復作業を処理してくれます。新しいテクノロジーと戦略によって自動化の可能性が高まるにつれ、未来はさらに明るくなるでしょう。その潜在力に関しては、まだほんの一部しかご紹介できていません。