リソース

動 画

Dai-ichi Life
動 画
第一生命保険株式会社におけるRPA導入と展開
ロンドンで開催されたBlue Prism World 2018でのインタビューでは、以下のトピックスにお答えいただきました。ぜひお役立てください。 RPA導入の背景 Blue Prism選定の方法と理由 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社のパートナーとしての役割 RPA導入に伴う従業員への影響と効果 今後の取り組み
すぐに見る >
すべての動画を見る >

事 例

npower
事 例
npower’s digital workforce electrifies its commercial business with £10 million in annual savings
Discover how RPA automated processes that would streamline employee workflow
今すぐ読む >
npower
事 例
npower expands Digital Workforce to over 330 Blue Prism Software Robots
npower needed a solution that would handle a low volume of highly complex processes
今すぐ読む >
World Hotels
事 例
World Hotels deploy Robotic Automation technology to support key customer processes
RPA has enabled WorldHotels a significant reduction in process operating costs
今すぐ読む >
NHS
事 例
University Hospitals Birmingham NHS Trust extends use of Blue Prism
RPA has reduced the pressure on IT resources whilst offering operational agility
今すぐ読む >
すべての事例を見る >

ホワイトペーパー

Co-operative Bank
ホワイトペーパー
The Co-operative Bank: 80%の処理コスト削減を達成
The Co-operative Bankでは、口座引き落とし、小切手、自動振替依頼の承認、拒否、返却 を行うために、毎日、「超過キュー」処理を実行しています。これは、残高不足により支 払うことができない顧客が存在するためです。「オーバーナイトBACS」というバッチ処理 で、口座の残高が不足しているために支払いが未完了の顧客の「処理待ち(キュー)」が 毎日発生します。当ケーススタディーではBlue Prismデジタルワークフォースが如何にThe Co-operative Bankにおける超過キューを80%も削減できたかをご紹介します。 ビジネスメリット: 従業員をロボット業務から解放することにより顧客とのコミュニケーション強化 80%のプロセス自動化達成 顧客からの電話対応のサービスレベルを向上 Blue Prismソフトウェアで顧客口座管理の 一貫性を大幅に向上 「従業員20人のバーチャルチーム」を結成 し、毎日定刻までに処理を確実に完了
今すぐ読む >
ホワイトペーパー
Blue Prism製品概要
さまざまなRPA がありますが、業務のフローチャートを描くように開発でき、セキュリティ、内部統制要件を満たし、柔軟に拡張できるのがBlue Prismです。この2ページの製品概要カタログでは画面写真を交えてBlue Prismの機能や特長をご紹介します。 生産性向上、サービス品質と顧客満足度の向上、そして従業員の満足度を高めるための働き方改革とデジタル経営革新 -これらの取り組みを支援するRPA プラットフォームBlue Prism理解の一助としてお役立てください。 トピックス 役割分担を図解|業務部門が自動化、IT 部門が統制 Blue Prismの機能と特長 業務プロセスを開発するためのObject Studio 統合管理のためのControl Room
今すぐ読む >
Blue Prism RPA
ホワイトペーパー
RPA に関する一般的な質問への回答
Blue Prismの製品は、セキュリティ、耐障害性、ガバナンスを重視しながら成長を遂げてきました。大規模かつ厳しい要件下では、これらの特性は、スピード、自動化、使いやすさと等しいか、時にはそれ以上に重視されます。 このホワイトペーパーでは、RPAに取り組み始めたお客様から良くいただくご質問への回答をご紹介します。RPAに関するテクノロジーの理解と、最善のアプローチ選択にお役立てください。 トピックス デスクトップレコーダーの問題点 スクリプト、コード、オブジェクトの違い 運用段階のロボットの違い データセキュリティ フロントオフィスとバックオフィス型ロボット 個人のパソコンにロボットを導入する場合の問題点 サーバー型ロボットによるユーザーへのリアルタイムな情報提供 人的介入が必要なプロセスの自動化 Blue Prismが提供するエンタープライズRPA
今すぐ読む >
ホワイトペーパー
Lloyds Banking Group事例 デジタル トランスフォメーション ジャーニー
Lloyds Banking GroupのHead of Continuous Improvement & RPA Gerald Pullen氏と、Symphony VenturesのJames Johnson氏による、RPAの「内製化」への取り組みについてご紹介します。Lloydsが目指している、「顧客にとって最高の銀行」を実現するために、常に顧客体験の始点から終点に焦点を当て、RPAの運用にも適用されている取り組みについてお話いただいたセッションを文字起こししました。 Lloyds Banking Groupは創業250年、英国全体で3千万を超える顧客、75,000人の社員、2,000の支店を有しています。 Lloydsでは、RPAを個別のプロジェクトではなく、変革への重要なアプローチとして位置づけ、周辺で起きていることを知覚できる、創造力に富む全社横断的なメンバーで構成されたチームが顧客体験の劇的な改善に取り組んでいます。 トピックス 柔軟な研修プログラムが成功要因の要になっています。Blue Prism ロボット運用モデル(ROM)の中核としてのCOE(Center of Excellence)の機能と役割のなかでも紹介されています。 Symphonyチームがリードし、Lloydsチームが追随して、ディスカバリー(気付き)プロセス、早期プランニングと設計に集中し、自らリードできるようになることに注力しました。 RPAの導入は、社員からできるだけ大きな価値を引き出すとともに、エンゲージメントを可能な限り高めることにもなります。 Blue Prismを選択した理由は、監査証跡、プロセスの再利用性、スケーラビリティでした。
今すぐ読む >
すべてのホワイトペーパーを見る >