リソース

動 画

Dai-ichi Life
動 画
第一生命保険株式会社におけるRPA導入と展開
ロンドンで開催されたBlue Prism World 2018でのインタビューでは、以下のトピックスにお答えいただきました。ぜひお役立てください。 RPA導入の背景 Blue Prism選定の方法と理由 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社のパートナーとしての役割 RPA導入に伴う従業員への影響と効果 今後の取り組み
すぐに見る >
すべての動画を見る >

事 例

npower
事 例
npower’s digital workforce electrifies its commercial business with £10 million in annual savings
Discover how RPA automated processes that would streamline employee workflow
今すぐ読む >
npower
事 例
npower expands Digital Workforce to over 330 Blue Prism Software Robots
npower needed a solution that would handle a low volume of highly complex processes
今すぐ読む >
World Hotels
事 例
World Hotels deploy Robotic Automation technology to support key customer processes
RPA has enabled WorldHotels a significant reduction in process operating costs
今すぐ読む >
NHS
事 例
University Hospitals Birmingham NHS Trust extends use of Blue Prism
RPA has reduced the pressure on IT resources whilst offering operational agility
今すぐ読む >
すべての事例を見る >

ホワイトペーパー

ホワイトペーパー
Lloyds Banking Group事例 デジタル トランスフォメーション ジャーニー
Lloyds Banking GroupのHead of Continuous Improvement & RPA Gerald Pullen氏と、Symphony VenturesのJames Johnson氏による、RPAの「内製化」への取り組みについてご紹介します。Lloydsが目指している、「顧客にとって最高の銀行」を実現するために、常に顧客体験の始点から終点に焦点を当て、RPAの運用にも適用されている取り組みについてお話いただいたセッションを文字起こししました。 Lloyds Banking Groupは創業250年、英国全体で3千万を超える顧客、75,000人の社員、2,000の支店を有しています。 Lloydsでは、RPAを個別のプロジェクトではなく、変革への重要なアプローチとして位置づけ、周辺で起きていることを知覚できる、創造力に富む全社横断的なメンバーで構成されたチームが顧客体験の劇的な改善に取り組んでいます。 トピックス 柔軟な研修プログラムが成功要因の要になっています。Blue Prism ロボット運用モデル(ROM)の中核としてのCOE(Center of Excellence)の機能と役割のなかでも紹介されています。 Symphonyチームがリードし、Lloydsチームが追随して、ディスカバリー(気付き)プロセス、早期プランニングと設計に集中し、自らリードできるようになることに注力しました。 RPAの導入は、社員からできるだけ大きな価値を引き出すとともに、エンゲージメントを可能な限り高めることにもなります。 Blue Prismを選択した理由は、監査証跡、プロセスの再利用性、スケーラビリティでした。
今すぐ読む >
ホワイトペーパー
金融業界のコンプライアンスと否認防止対策
デジタルワークフォースにも、人間のワークフォースと同様のセキュリティ、監視、ガバナンスが必要です。金融業界は国内外の厳格な規制のもとで活動しており、重大な規制違反は、組織に財政的損害をもたらし、説明責任を負う個人には、投獄というパーソナル リスクが生じます。 圧倒的大多数の従業員は、正直かつ誠実に行動しますが、ごく一部の悪意を持った従業員の行為が企業に過大な影響を及ぼす可能性があります。これは、従業員に自分の自由になる、設定可能で柔軟性のあるデジタルワークフォースが与えられている場合、特に当てはまります。 トピックス RPAのコンプライアンスと否認防止対策 コントロール、セキュリティ、監視 悪用に対する抑止力 監査証跡の要件
今すぐ読む >
ホワイトペーパー
Blue Prism製品カタログ
業務部門が運用し、IT部門が管理するBlue PrismエンタープライズRPAに関する詳細と事例、対応するプロセスの例、RDAおよびIT部門の開発が伴う自動化との違いなどをご紹介します。 “人間をロボットのように働かせない。デジタル トランスフォーメーションの一環としてBlue Prismの導入が進んでいます。堅牢でスケーラビリティ、セキュリティ、信頼性に優れたRPAとして、最初から設計しており、他のテクノロジを転換したものではありません。業務部門のユーザーと同様にルールベースの業務プロセスに従い、さまざまなシステムにアクセスして作業を遂行する俊敏なデジタル ワークフォースを実現するBlue Prismソフトウェアは、BPM、フロント オフィス生産性向上ツールといった、従来のITソリューションを補完します。” トピックス チャレンジ:2つの業務展望を両立させることは可能か? RPAによる救済:バック オフィスのトランスフォーメーション RPAの3車線高速道路:RPAの潜在能力を100%実現するには RPA、IT部門による自動化開発、デジタルワークフォース プラットフォームの違い 事 例:Telefonica O2社 Blue Prismデジタルワークフォース プラットフォームが対応するプロセスの例 (15ページ) 事 例:Xchanging社
今すぐ読む >
すべてのホワイトペーパーを見る >