富士ソフト株式会社:Blue Prism導入により業務精度の向上と業務時間の削減を実現

自動化の推進を通して富士ソフトが目標としたものは単なるコストや人員の削減ではなく、作業の高度化 (反復的な作業の自動化) と精度の向上 (人的エラーの排除) でした。

現場の従業員がクリエイティブな作業に注力することが可能になった結果、自動化の可能性を含め、さまざまな視点で業務の見直しが行われ、業務改善に向けた提言が現場から上がってくるようになりました。

最新情報