顧客満足度

生産管理者は管理と不測の事態への対応に専念

生産ラインの最適化

廃棄品を最小限に抑制

50%

より多くの生産オーダーに対応

Norsk Stål:デジタルワーカーにより生産ラインを最適化

生産管理者は、RPA導入前と比べて、生産オーダーを50%以上多く対応できるようになりました。
エスペン サレイメ氏 Norsk Stål社 ERP・デジタル化リーダー

ノルウェーを代表する鉄鋼・金属メーカーであるNorsk Stål社は、ノルウェー産業界のプロジェクトマネージャーや構造エンジニア、建設業者などから信頼されています。同社の国際的なネットワーク、有能な生産管理者により、顧客の利益最大化と競争力維持に貢献していることに誇りを持っています。このネットワークをスムーズに稼働させるには、最適化されたインテリジェントな自動化プロセスが不可欠となっています。

課題

Norsk Stål社は、鉄鋼と金属が持続可能な社会の発展にとって重要な要素であると考えており、責任を持って、持続可能で効率的な在庫管理・物流システムを継続的に開発することを目指しています。

多くの製造業では競争力に優れた製品価格にするために、生産コストを最小限に抑えることが非常に重要です。ノルウェーを代表する鉄鋼建設資材メーカーのNorsk Stål社は、複数の工場が需要に応じてノンストップで稼働しています。

顧客からしばしば規格サイズ外の梁や板を購入したいと希望されることがあり、それらは時に困難を極めることもあります。Norsk Stål社では、顧客の希望納期に応え、さらに生産工程での廃棄品の発生を最小限に抑えるために、工場の生産ラインを最適化する専任チームを編成し、稼働効率の改善に日々取り組んでいます。

ソリューション

Norsk Stål社は、インテリジェントオートメーションやAIなどの最新テクノロジーを活用して、中核ビジネスを強化し、市場での継続的な競争力を維持することに取り組んでいます。

Norsk Stål社では、Blue PrismのデジタルワーカーとMicrosoft Cognitive Servicesのインテリジェントな最適化アルゴリズムを組み合わせて、生産管理者を支援しています。このダイナミックな組み合わせは、納期や生産上の制限を考慮し、会社の方針を遵守しながら、鉄骨を作るための最適な方法を算出して提示します。

生産管理者がその日の操業率目安をデジタルワーカーに伝えると、デジタルワーカーはERPシステムを照会して、承認された製品の注文情報を取得し、最適な鉄骨の生産方法を算出し、ラインが稼働する前に生産計画を提示します。さらに、デジタルワーカーは、日々の生産最適化を通して、使用される鉄鋼の量を最小限に抑えます。

これにより、生産管理者は稼働の最適化と管理、そして予期せぬ事態への対応に専念できるようになりました。

最新情報