株式会社スクウェア・エニックス:長期的な運用を考慮した集中管理方式の採用と知見の蓄積による変革意識の醸成

株式会社スクウェア・エニックスは、2017年から業務自動化プロジェクトを開始しました。

当初はデスクトップ端末にインストールするRPA製品を運用されていましたが、2019年からはサーバー上での集中管理が可能なBlue Prismを採用し、分散統治と集中管理を組み合わせて効率的に運用しています。

導入当初から開発と運用の完全内製化を掲げていたスクウェア・エニックスでは、迅速な稼働開始を実現するため、技術者の層が厚く自身がBlue Prismユーザーとしても豊富な実績と経験を有する日商エレクトロニクス株式会社をパートナーに選定。

デスクトップ型RPAの運用経験から、自動化における環境整備の重要性とその理解が社内に浸透していたこともあり、日商エレクトロニクスが有するBlue Prismの環境構築や保守などの知見と実践的な開発ノウハウをスピーディに吸収。結果、導入から2か月という短期間で、実装・運用ともに完全な内製化を達成しました。

スクウェア・エニックスでは、対象業務の拡張や、業務手順の改善など、自動化に向けた具体的な検討を通じて、業務改善に対する組織全体の意識が高まっていく手応えを感じています。

最新情報