contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年06月08日

財務会計におけるIAとRPAのユースケースの紹介

財務会計におけるRPAのユースケース
Table of Contents

CFOとそのチームは、意欲的なビジネス目標を達成し、組織による競争力の向上、収益化加速、高い顧客満足度の維持を実現するという責務を負っています。一方で、金融業界の規制が厳しさを増し、無数のテクノロジーが急速に開発されている今、このような変化に対応するにはどうすればよいのでしょうか。

インテリジェントオートメーション(IA)を導入すれば、財務会計(F&A)における厳しいセキュリティ基準を維持しながら、これまで人の手で行っていた業務を自動化できます。IAテクノロジーは財務会計プロセスの効率化や精度の向上といったメリットをもたらすことから、財務会計プロセスでの活用が一段と普及しています。

この記事では、デジタルワーカーのビジネス機能のほか、IAを活用してビジネス目標を達成できる最新アプリケーションについてご紹介します。

IAとは

IAとは、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)、機械学習(ML)、人工知能(AI)などの強みを併せ持った拡張性のあるコグニティブオートメーションテクノロジーであり、業務プロセスの自動化、効率化、収益向上を実現します。

RPAとは

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)とは、ソフトウェアロボットによる手動タスクの自動化です。より広範な意味を持つインテリジェントオートメーションデジタルワークフォースに包含されるもので、アクションや「実行」の領域を指します。

デジタルワーカーとは

デジタルワーカーとは、IAにおいて配備されるソフトウェアロボットで、人間のアクションを模倣する意思決定機能を備えています。特定のタスクからプロセス全体まで、プログラミングやトレーニングを行って作業を行わせることができます。明確に定義された単純で反復的なプロセスにも、複雑な非定型かつ非体系的なプロセスにも対応できます。

機密性と安全性

今日、多くのF&A組織が財務業務にかかるIAに注目していますが、そのすべてが導入によって得られるメリットを把握しているわけではありません。RPAを導入して反復的かつ大量のタスクを部分的に自動化し、そのまま放置している組織もあります。しかし実際には、AIや機械学習の進歩により、IAはあらゆるものに活用できる可能性を秘めています。

IAを業務全体に拡張してワークフォースを統合できます。さらに、業務プロセス管理(BPM)により、自動化されたすべてのプロセスの概要を把握し、管理レポートを作成して、デジタルワーカーのパフォーマンスについて洞察を得ることができます。

安全性の実態

SS&C Blue Prismは、インテリジェントオートメーションプログラムに極めて高度なセキュリティとコンプライアンスを確保できるよう、真摯に取り組んでいます。当社のインテリジェントデジタルワークフォースは、データの完全性とプロセスの監査適合性を満たしています。詳しくは「メリット」のセクションをご覧ください。

自動化の対象

自動化の取り組みは、自由に小さなところから着手し、容易に拡張することができます。自動化の恩恵を得やすい「クイックウィン」を見つけることから始めましょう。O2C(Order-to-Cash)プロセスの自動化など、明らかなボトルネックやサイロのない、単純で規則性のあるタスクが適しています。

これらの自動化により短期間で成果が得られれば、見直しの余地がある、より広範な財務会計業務に目を向けることができます。

自動化初期に適したIA・RPA導入対象の例

どこから自動化に着手すればよいか迷うかもしれません。前述のとおり、単純かつ確実なプロセスから着手するのが最善です。一例として以下が挙げられます。

  • 定義されたワークフロー
  • 大量かつ単純なプロセス
  • 利用中の複数のアプリケーション
  • 周期的・定期的なタイムライン
  • 構造化データ

自動化の取り組みが成熟するにつれて、意思決定を伴うプロセス、非体系的・半体系的なデータを扱うプロセス、明確な定義のない変動を伴うプロセスなど、自動化に適したプロセスも増えていきます。 

財務会計におけるIA・RPAの活用方法

IAを財務会計業務に導入することで、プロセスを合理化してミスを減らし、効率化を実現することができます。IAが一般的なF&A部門にもたらすメリットをいくつか紹介しましたが、ほかにもさまざまなメリットがあります。ユースケースをガイドラインとして参考にしながら、自動化の範囲を拡張できないか、チームで模索し続ける必要があります。  

財務会計におけるIA・RPAのユースケース

  • 請求処理の自動化
  • 買掛金処理の自動化
  • 売掛金処理の自動化
  • 財務報告
  • 給与処理の自動化
  • 発注処理の自動化
  • 傾向予測

請求処理

請求処理は、バックオフィスのスタッフにとって非常に時間のかかる、大量のデータを扱うタスクであり、データの形式が構造化されていないことも少なくありません。そのため、請求処理にはヒューマンエラーや遅延のリスクが伴います。

IAを導入すれば、デジタルワーカーによって請求書を簡単に作成できます。デジタルワーカーはベンダー名、請求書番号、日付、金額、項目などの主要データを請求書から抽出し、会計ソフトウェアやERPシステムに正確かつ高速に入力します。さらに、請求書を発注書や領収書と照合したり、ミスや不一致をチェックしたり、請求書を承認プロセスに送ったり、経費報告書を作成したりといったタスクもこなせます。

インテリジェントなデータ取得ツールは、光学式文字認識 (OCR) と AI を組み合わせて、複雑な文書から情報を正確に読み取り、適切なシステムに入力できます。 

IA を使用して請求処理を合理化することで、組織はエラーを削減し、コストを削減し、サイクル タイムとコンプライアンスを向上させることができます。

買掛金・売掛金の処理

組織の長期的な成功には、迅速かつ確実な勘定処理が不可欠です。処理が遅かったりミスが多かったりすると、顧客からの信頼を失い、コンプライアンス上の問題が多発するおそれがあります。

幸い、買掛金や売掛金の処理は、時間がかかるものの体系化されているため、IAによる自動化の対象として最適な分野です。

デジタルワーカーによって支払処理、請求書の作成、送信、追跡を自動化することで、監査適合性を高め、支払いの遅延を減らすことができます。さらに、受領した請求書を適切な担当者に送ったり、支払いの遅れや失念を防止するためのリマインダーを設定したりといったことも自動で行えます。

財務報告

意思決定者が効果的に業務を行うには、必要なときに正確な情報にアクセスできる必要があります。市場の発展に伴い、財務部門はより最新の財務報告やリアルタイムの財務報告書を提示することが求められていますが、データの追跡や報告書の作成を手動で行っている場合、そうした要望に応えることは困難です。

デジタルワーカーを活用してデータの収集、分析、報告書の作成といったプロセスを自動化すれば、財務報告を効率化できます。これにより、ミスのリスクを減らし、財務書類の精度が向上し、さらには時間とリソースを節約することが可能です。

また、デジタルワーカーは業界規制・標準に照らして詳細を確認し、コンプライアンスを確実に遵守することもできます。

給与計算処理

給与処理の正確性と適時性は従業員満足度を大きく左右する要素です。そのため、給与業務は極めて重要であり、人事(HR)担当者はミスが一切生じないよう時間のかかる手動プロセスをこなすことが求められます。

インテリジェントデジタルワーカーの活用により、手動でのデータ入力、データ移行、突き合わせといった時間のかかる反復的な給与業務を自動化して効率化を実現できます。デジタルワーカーは給与明細表や給与支払明細書の作成、控除額の算定、勤務時間の記録を自動的に行うことができます。これにより、人事部門や給与部門は、従業員エンゲージメントやタレントマネジメントなど、より価値の高いタスクに注力することができます。

また、IAの活用により、ミスや罰則のリスクを軽減しながら、納税申告、コンプライアンスレポート、税法や労働法といった規制要件を確実に遵守できます。結論として、デジタルワーカーを活用することで反復的なタスクを自動化し、人事担当者は貴重な時間とリソースを他のタスクに使えるようになります。

発注処理

企業によっては、財務部門が買掛金の管理だけでなく、購買決定など、調達プロセスで助言や統制を行うこともあります。このような場合、支出や予算が承認されたとしても、手動プロセスで不和や遅延が生じることが多々あります。

発注処理にデジタルワーカーを活用すれば、データ入力、承認ワークフロー、通知といったプロセスを自動化できます。正確性と適時性を確保しながら、発注書の処理に必要な手作業を減らすことができます。

さらに、インテリジェントデジタルワークフォースを導入することで発注書の追跡やレポーティングが容易になり、企業は十分な情報に基づいて調達に関する意思決定を行えるようになります。IAで発注プロセスを合理化することで、効率性と生産性を向上させながら、こうしたタスクを担当していた従業員は他のことに時間を使えるようになります。

傾向予測

専門家が財務予測を行うためには、財務諸表やデータを正しく入力し、管理する必要があります。しかし、手動による処理では、複数のソースからデータを取得して入力する際に精度の不安が必ず付きまといます。

人工知能(AI)と機械学習(ML)の活用は財務傾向の分析や予測に役立ちます。この自動化により、財務担当者は手動タスクにかかる時間を減らし、戦略的な意思決定により多くの時間を注ぐことができます。また、精度が上がり、ヒューマンエラーのリスクが減ることで、財務情報全体の質が向上します。 

財務会計におけるIAとRPAのメリット

IAの活用により、財務会計部門は多くのメリットを得られます。具体的には、正確性、コンプライアンス、生産性の向上のほか、より価値の高い業務を行えるようになることが挙げられます。

SS&C Blue PrismのIAを導入することで、財務会計部門は、時間のかかるタスクをデジタルワーカーに任せつつ、戦略的なビジネスプランニングに注力できます。ここからは、デジタルワークフォースをF&Aシステムに導入することによる3つの主なメリットをご紹介します。

データの完全性

IAは、一貫性がなくミスが起こりやすいデータが関わる手動プロセスを自動化して、財務会計担当者をサポートします。IAを導入すれば、複数のシステムやデータセットにまたがる手動タスクをデジタルワーカーに任せることができます。その結果、データの完全性と一貫性のあるプロセスが実現し、財務会計担当者は分析業務や戦略的な財務プランニングといった価値の高い目標に注力できるようになります。

IAによってデータの保管とアクセスの安全性が確保され、機密性の高いデータを不正アクセス、侵害、損失から保護できます。これにより、データの品質と信頼性が向上し、迅速な意思決定が可能になり、データ品質の低下に伴う運用リスクやコストを削減できます。

業務効率

デジタルワークフォースがもたらす最大のメリットの1つが、効率性と生産性を大幅に向上させられることです。データ入力、仕訳記入、顧客のオンボーディング、請求処理、照合など、時間のかかる反復的なタスクをデジタルワーカーが自動化することにより、従業員がより価値の高いタスクに取り組む時間を確保できるようになります。これにより、生産性と効率が向上するとともに、タスク完了までの時間を短縮することができます。

長期的かつ持続的な成功を実現するには、チームが各自のスキルを最大限に発揮できるようにすることが重要です。絶えず変化する市場環境で競争力を維持しなければならないというプレッシャーにさらされる中、IAを導入することにより、拡張性のある安全な統合プラットフォームでプロセス、システム、チームの可能性を広げる機会が得られます。

組織によるデジタルトランスフォーメーションの進展に応じて、現行のシステムや業務への影響を最小限に抑えながら、チームは少ない労力でより多くの成果を達成することができます。SS&C | Blue Prism® ロボティックオペレーティングモデル(ROM)は、IAを既存のワークフォースやシステムに統合するフレームワークを提供します。迅速な統合を実現して、IA環境の立ち上げ、拡張、管理を成功に導きます。

先を見越したレポーティングと分析

IAの導入により、財務会計部門は、財務分析やレポーティングで必要となる複数のシステムやデータへのアクセスの速度と一貫性を飛躍的に高めることができます。

財務会計業務において、コンプライアンスは極めて重要な要素です。規制に違反した場合、多額の罰金を科せられたり、企業の評判が損なわれたりするおそれがあります。IAによってコンプライアンスチェックを自動化することで、コンプライアンスを強化し、リスクを軽減することができます。

さらに、IAで膨大なデータセットを分析して例外やパターンを特定し、洞察を得ることで、十分な情報に基づく意思決定が可能になります。これにより、組織は財務報告書を迅速に作成して、傾向を正確に予測し、リソースを割り当てて、投資利益率(ROI)を最大化することができます。

IAによってリアルタイムのモニタリングが行われ、財務上のリスクや機会を知らせるアラートが利害関係者に届くため、先を見越した管理と戦略の実行が可能になります。

結論として、IAを導入することで、企業は正確かつ十分な情報に基づく意思決定が可能になり、財務実績を向上させることができます。

その他のメリット

メリットは他にもあります。さらに、自動化の成熟度が高まれば、業務プロセスで利用できるデジタルワーカー向けの財務会計アプリケーションも増えてゆくでしょう。自動化がF&A部門にもたらすその他のメリットをご紹介します。

  • 従業員満足度の向上
  • カスタマーサービスの向上
  • 大幅なコスト削減
  • プロセスの拡張性の強化
  • リスクの軽減
  • 監査証跡の強化
  • 業務の最適化

SS&C Blue Prismインテリジェントオートメーションの強み

財務会計部門へのRPA・IAの導入は大きな変革をもたらします。反復的な手動タスクを自動化することで、効率化、精度の向上、コンプライアンス、リスク軽減、コスト削減を実現できるほか、従業員満足度を高めることができます。

このテクノロジーを導入した企業は、市場における競争優位性を確立することが可能です。F&AでIAを活用するメリットは膨大であり、企業はIAの可能性を模索すべき時期に来ています。

SS&C Blue Prismでは、クラウドやオンプレミスのデプロイメントオプションに柔軟に対応するIAを提供しています。また、ROMやSS&C | Blue Prism® Process Intelligence(BPPI)などの自動化フレームワークを使用して自動化に適した領域を見つけることで、拡張性のあるデジタルワークフォースを手に入れることができます。

当社のエキスパートチームが、サードパーティ製ソフトウェアの統合や、事前構築型の既製ソリューションによるデスクトップアプリケーションの導入など、お客様の自動化の取り組みをサポートします。

SS&C Blue PrismによるF&A自動化プログラムについて詳しくは、こちらをご覧ください。