インテリジェントオートメーションの実際の役割は?

世界中の企業は、Blue Prismのデジタルワークフォースプラットフォームを採用することで、日常的な作業をデジタル化し、コストを削減しています。また、顧客満足度(CSAT)を向上させて新たな収益源を獲得し、従業員のキャリアを支援しつつ、驚異的な成果を達成しています。

業界別ソリューション

業界に関わらず、Blue Prismのデジタルワークフォースは、生産性を犠牲にすることなく、ガバナンスやコンプライアンスの厳格な基準を遵守できます

部門別ソリューション

インテリジェントなRPAを企業全体の多数の業務部門に導入することにより、グローバル企業は、財務・運用面で著しい成果を見出しています。

昭和リース株式会社:年間2万時間の業務をロボットで自動化へ

メインフレームにも対応できる網羅性を評価し、Blue Prismを採用いただいた活用事例

「当初の100業務で年間2万時間を削減できると見込みました。現在の34業務では、年間8,358時間を削減できています。Blue Prismのロボット(デジタルワーカー)はメインフレームを含むすべてのシステムの画面や出力の内容を読み取り、入力もそつなくこなすことができています」
藤本 裕哉氏 昭和リース株式会社、営業サポート部門 オペレーション企画管理部 部長

最新情報

Tokyo
イベント

RPA本格展開の虎の巻、「ROM」徹底解説セミナー

Blue Prismが提唱するRPA運用の決定版、ROM (Robotic Operating Model) について実際の適用事例をご紹介します。

続きを読む
Convedo_Day-2
ニュース

convedo、インテリジェンオートメーションサービスと文書処理サービスを クラウドで提供するにあたり、Blue Prismをパートナーに決定

インテリジェント文書処理機能とでデジタルワークフォース能力を組み合わせ、フルマネージドのSaaSとして提供

続きを読む
Blue_Prism_Case Study_Anon_Telecom_Thumb_440x308px
事例

Global Communications Service Provider Achieves Ultrafast Robotic Scale

One of the world’s leading communications services companies, serving the needs of customers in 180 countries worldwide, was looking for ways to innov...

続きを読む
Close