インテリジェントオートメーションの実際の役割は?

世界中の企業は、Blue Prismのデジタルワークフォースプラットフォームを採用することで、日常的な作業をデジタル化し、コストを削減しています。また、顧客満足度(CSAT)を向上させて新たな収益源を獲得し、従業員のキャリアを支援しつつ、驚異的な成果を達成しています。

業界別ソリューション

業界に関わらず、Blue Prismのデジタルワークフォースは、生産性を犠牲にすることなく、ガバナンスやコンプライアンスの厳格な基準を遵守できます

部門別ソリューション

インテリジェントなRPAを企業全体の多数の業務部門に導入することにより、グローバル企業は、財務・運用面で著しい成果を見出しています。

昭和リース株式会社:年間2万時間の業務をロボットで自動化へ

メインフレームにも対応できる網羅性を評価し、Blue Prismを採用いただいた活用事例

「当初の100業務で年間2万時間を削減できると見込みました。現在の34業務では、年間8,358時間を削減できています。Blue Prismのロボット(デジタルワーカー)はメインフレームを含むすべてのシステムの画面や出力の内容を読み取り、入力もそつなくこなすことができています」
藤本 裕哉氏 昭和リース株式会社、営業サポート部門 オペレーション企画管理部 部長

最新情報

Bp world tokyo homebanner 1
イベント

Blue Prism World Tokyo テクニカル・セッション 『見て、触って始めよう!Blue Prism』

本イベントでは実際にBlue Prismを触れるハンズオンセッションや皆様の持つ技術的な疑問や課題にお応えできるような講演セッションをご用意させていただきました。

続きを読む
MOU newsroom
ニュース

Blue Prism、インテリジェントオートメーションの提供をMicrosoft Azure上に拡張

最新のAI機能と機械学習機能により、デジタルワークフォース利用の加速化と効率化が促進

続きを読む
BP CS IBM img
事例

グローバルの標準RPAにBlue Prismを採用。IBM Cloudを通じて顧客企業の経営改善も

グローバルの標準RPAにBlue Prismを採用。IBM Cloudを通じて顧客企業の経営改善も

続きを読む
Close