contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年09月01日

インテリジェント オートメーションで日本の人口動態の課題に取り組む

インテリジェント オートメーションで日本の人口動態の課題に取り組む
Table of Contents

多くの方がご存知のように、日本は出生率が低く、高齢者人口の比率が増加しています。団塊世代とされる戦後に生まれた人の多くが現在65歳以上の高齢者になっていますが、平均寿命の伸びにより、その割合は今後も伸び続けことが予想されています。

65歳以上の高齢者層の退職に伴い、政府はその需要に見合った福祉サービスの提供を求めれられています。

高齢化の推移と将来推計
高齢化の推移と将来推計
内閣府が公開する令和4年版高齢社会白書(全体版) 1 高齢化の現状と将来像のデータを基に作成

日本の労働力不足と生産年齢人口の減少

日本では、団塊世代の退職と少子化による生産年齢人口の減少が深刻な社会課題となっています。

さらに、2018年に経済産業省が発表したレポートの中で「2025年の崖」として表されたように、およそ20年以上前から稼働し始めたシステムの保守ができるエンジニアが同時期に一斉退職の時期を迎えるようになります。

基幹業務システムなど長期間に渡り使い続けられてきたシステムを保守メンテナンスできる人材が不足し、事業継続に困難をきたす事態にもなりかねません。

本稿では、SS&C Blue Prismのインテリジェント オートメーションが、日本の企業・組織が抱えるこれらの課題をいかに克服し、デジタルシフト、デジタル トランスフォーメーションに取り組んでいくのかについて紹介しています。

2025年の崖 とは

多くの企業・組織で利用されている業務システムが、複雑化・老朽化・肥大化・ブラックボックス化などにより、時世に即したビジネス展開への対応力が低下することで、企業の競争力を低下させ、経済損失をもたらす問題のこと。2018年9月に経済産業省が発表したDXレポートにおいて示された概念であり、同レポートにおいては、それらのITシステムが残存した場合、IT人材の引退やサポート終了により起こる可能性がある問題・リスクを採り上げていると同時に、その対応策として、新たなデジタル技術を活用し、直ちに DX を実行していくことなどを挙げている。

インテリジェント オートメーションによる解決

SS&C Blue Prismは、インテリジェント オートメーション(IA: Intelligent Automation)を通じて、日本企業のリソースとスキル不足の克服を支援しています。

インテリジェント オートメーションは、ロボティク プロセス オートメーション(RPA: Robotic process Automation)と人工知能(AI)のような優れたテクノロジーを統合する「デジタルワーカー」が実現します。

デジタルワーカーは、人がこなすには面倒であったり、膨大な処理のために時間を要したりするような反復的な作業タスクを自動化するデジタルなソフトウェアロボットです。人が担っていた作業をデジタルワーカーに任せることで、業務プロセス内でボトルネックになっていた作業はスムーズに処理されるようになり、エラーの発生頻度も減少します。

デジタルワーカー活用事例:

インテリジェント オートメーションは、ビジネス プロセス マネジメント(BPM)などのテクノロジーと組み合わせることも可能です。BPMでは、ワークフロー設計・調整、実行、監視を行いますが、IAとBPMを統合することにより、企業は運用コストを削減しながら、生産性と顧客サービスを向上できるようになり、その結果として従業員の満足度も向上させることが可能になります。

デジタルワーカーをBPMと組み合わせた活用事例

生産年齢人口への作用

生産性やパフォーマンスを重視することはもちろん重要なことです。インテリジェント オートメーションは、時間が掛かり、日々発生する単調な処理を伴う業務も容易に解決します。作業を自動化することによって創出された従業員の就業時間やリソースを、より創造性が求められる業務や洞察に還元することで、企業活動はさらに活性化されるようになり、事業を戦略的に次の段階へと引き上げることに集中できるようになります。

デジタルワーカーが働き方の改革や時間削減に貢献する活用事例

従業員により有意義な仕事を提供することで、従業員は組織の目標により合致するようになります。そうすることで、組織は人材を育成し、イノベーションとビジネスの成長を促進する、より良い職場環境を育むことができるようになります。

日本の企業は、これらのテクノロジーを採用することで、成功を見出そうとする若い世代が仕事に専念できる機会を与え、魅力的な職場環境の整備にもつながるようになります。職場環境の整備によりその企業で働くことに対する魅力も高められることから、従業員の仕事に対する意識も高まり、長く企業で勤めるきっかけにもなります。

インテリジェント オートメーションは次のような方法で従業員の満足度を高めます。

  • 反復的な作業のデジタル化
  • 従業員の作業負荷とストレスの軽減
  • シームレスなコミュニケーションによるコラボレーションの強化
  • 意思決定支援
  • ワークライフバランスの改善
  • スキルアップと学習機会の創出

自動化による日本企業の強化

インテリジェント オートメーション プラットフォームは、日本企業に多くのチャンスを提供します。データ入力、請求書発行、在庫管理などの日常業務を自動化することで、業務効率を大幅に向上させることができます。これらは投資収益率(ROI)の向上につながり、企業はリソースをイノベーションと成長の戦略遂行に振り向けることができます。

投資収益率を向上させた活用事例

また、インテリジェント オートメーションは、処理の精度を向上し、人の手作業によって生じるエラーの発生頻度を減らします。顧客は、より良いサービスをより早く、正確に受けられるようになり、顧客体験は改善され、満足度とロイヤルティの向上にもつながります。

デジタルワーカーが顧客体験の改善に活躍する活用事例

業務プロセスの自動化は、迅速に投資対効果を得られる領域から開始します。これは、インテリジェント オートメーションを導入するにあたり有効な方法です。それらの多くは、繰返しが多く、流れ作業的な処理になりやすい業務プロセスですが、もしかしたら、その業務に携わる従業員は、他の業務に携わった方が、有する能力を最大限に活かせる機会があるかもしれません。タスクマイニングやプロセスマイニングを利用して、業務プロセス内の自動化機会を特定し、それらのニーズに合わせて自動化を拡張できます。

時間の経過に伴って、組織はインテリジェント オートメーションを業務プロセス全体に渡り適用し、システム、部門、ワークフローを統合して、より合理化された業務プロセスの運用体制を実現できます。

インテリジェント オートメーションは、次のような方法で企業の競争力を強化します。

  • 効率と生産性の向上
  • 24時間365日休むことなく稼働するデジタルワーカー
  • 運用コストの削減
  • 出力精度と品質の向上
  • 顧客体験と従業員体験の向上
  • データドリブンな洞察
  • 複数部門を横断した業務プロセスの自動化
  • コンプライアンス遵守の徹底とリスク軽減・改善
  • 競争優位性のためのイノベーション

インテリジェント オートメーションによるリソース管理

予測分析を利用することで、インテリジェント オートメーションは、意思決定を支援して、ワークフローを最適化します。複数存在する業務から、優先順位に基づいて処理を開始します。さらに、リアルタイムでリソースの稼働状況を追跡・監視し、正確な情報を提供するため、業務プロセスの運営状況を確認できるようにします。これらにより、業務プロセス内で生じているボトルネックや非効率な処理を特定し、それらの問題解決や改善の措置を迅速に対応できるようになります。

SS&C Blue Prismのソリューション

SS&C Blue Prismのインテリジェント オートメーションは、日本の人口動態上の課題に対処し、リソース管理を改善するための解決策を提供します。

人口減少、高齢者人口比率の増加、人手不足など、これからの将来に向けて日本企業は、業務効率を高め、コストを削減し、業務に適した人材を確保・維持していかなければなりません。

インテリジェント オートメーションのテクノロジーを導入することで、企業はデータ主導の意思決定を行い、業務プロセス全体にわたる自動化を展開します。リソース配分の迅速な最適化を行うことで、現在および将来のオペレーショナル エクセレンスを推進できるようになります。