contact

お問い合わせ

ブログ | 2023年02月15日

SS&C Blue Prism:インテリジェントオートメーションの未来を推進

サムネイル
Table of Contents

年開けとともに、SS&C Blue Prismにとって非常に興味深い時期が始まりました。2022年全体を通して途方もない量の作業をこなす中で、チームは SS&C Technologies とSS&C Blue Prism の合併を完了させただけでなく、市場で最も包括的なインテリジェントオートメーション(IA)およびロボティックプロセスオートメーション(RPA)のテクノロジースイートを作成しました。

この取り組みは、2022年全体のお客様の成功と、変革によってお客様にもたらされている計り知れないほどの価値に反映されています。開発を重ね、お客様の成果を促した重要な一年を足場とし、私たちは2023年も引き続き人々の働き方と互いに影響し合う方法を良い方向へと変えていくというビジョンを描いています。

自動化が業界の持続可能な目標推進に貢献している現状

業務プロセスの自動化市場がますます注目される中、高品質で直感的かつ効果的なオートメーション機能には相変わらず高い需要があります。現に、世界中の700を超える組織を対象に行われたIDCの最近の調査では、60%以上の組織が、より複雑なタスクを処理するために自動化および拡張テクノロジーへの投資を増やすことを優先事項としていると回答しています。

インテリジェントオートメーションテクノロジーの需要が順調に続いている一方で、この革新的テクノロジーに関する考え方が変わりつつあることも注目すべき点です。SS&C Blue Prismが目の当たりにしているのは、戦略的実装によってインテリジェントオートメーションの真価を形にしているお客様が増えてきていることです。組織は主なビジネス目標をターゲットに自動化を拡大することで、成果を上げています。限られた価値しかもたらさない短期的なタスク単位の自動化に固執するのではなく、全体的な競争力、ビジネスの成長、顧客エクスペリエンスの改善、従業員の満足度向上、品質向上、コンプライアンスの強化などを戦略的にターゲットとして定めているのです。

絶え間ない変化と動揺の時代において、業務を完遂するのがこれまでになく難しくなっています。この不安定な時代を背景に、組織が認識するようになっているのは、より機敏に対応して、組織をより大規模かつ短時間で拡大するにはインテリジェントオートメーションが役立つということです。ビジネスの未来を推進するのがインテリジェントオートメーションであることは、この戦略的実装というコンテキストの中で見えてきます。

このコンテキストにおいて、ビジネスリーダーとデジタルリーダーは、組織の未来を推進するうえで不可欠な役割を果たします。そして、こうした変革推進者やイノベーターを支援するのが、SS&C Blue Prismなのです。SS&C Blue Prismと連携し、企業全体にわたってインテリジェントオートメーションの導入を進めることで、働き方の未来を推進し、全従業員のキャリアと潜在能力を促進できます。

インテリジェントオートメーションの未来を定義するには、顧客エクスペリエンス(CX)が拠り所に

これからの18か月間、SS&C Blue Prismが主なフォーカスとするのは、お客様が容易に価値実現までの時間を短縮し、ビジネスの成長を加速させて、組織の変革を推進できるようにすることです。

SS&C Blue Prismは、さまざまなお客様が継続的に変革を実現できるよう支援しています。あらゆる業界の組織が不安定で急速に変化する環境に置かれている中、変化の激しい市場のニーズを満たすことが、これまで以上に不可欠となっています。SS&C Blue Prismは、事業部門のユーザー、センターオブエクセレンスのチーム、IT部門が新しいオートメーションの機会を容易に見つけ、プロセスを自動化し、インテリジェントオートメーションを大規模に展開できるよう、お客様を支援します。これにより組織全体にIAの範囲が拡大され、成長目標の達成が後押しされます。

SS&C Blue Prismの包括的なテクノロジーエコシステムは、需要を促進するうえでも、円滑なカスタマージャーニーとエクスペリエンスを創出するうえでも重要な役割を果たします。このエコシステムでは、最新のAI機能に簡単にアクセスして統合できるようになっているためです。しかも、あらゆるお客様のニーズを満たす、適切なデプロイメントモデルも用意されています。

ヒューマンワーカーとデジタルワーカーの間に信頼を築き、コラボレーションを実現

SS&C Blue Prismは、ヒューマンワーカーとデジタルワーカーとの結束力によってビジネスの成長を推進できるよう、お客様を支援しています。組織がこの結束力を実際の場面でできるだけ簡単に活かせるようにするために、直感的なインタフェースを使用した円滑なエクスペリエンスで、あらゆる評価、最適化、開発、分析機能を利用できるようにしています。

統合ワークフォースは成長とビジネスの成果を推進するだけでなく、従業員の満足度にもプラスの効果をもたらします。デジタルワーカーによって手動による反復作業の負担が取り除かれることから、従業員はよりやりがいがあり、有意義な仕事を行えるようになるためです。SS&C Blue Prismが常にそうしてきたように、あらゆるコラボレーションは完全な監査証跡が残される信頼できるインフラストラクチャ内で行われるようにしています。したがって、最も厳格なコンプライアンス基準であっても満たすことができます。

SS&C Blue Prismは、顧客と従業員のやり取りの変革も実現します。弊社は今後も、お客様が新たな価値を引き出し、新しい市場を開拓し、従業員と顧客のエクスペリエンスを改善できるよう、注力し続けます。さらに、充実したカスタマージャーニーを作り出すエンタープライズWebアプリケーションをユーザーが構築できるようにして、デベロッパーやIT部門への依存を軽減することを目的に、直感的なノーコード開発ソフトウェアの強化も進めています。これにより、ビジネスユーザーはコードを一切知らなくても、デジタルエクスペリエンスを創出するためのツールを簡単に利用できるようになります。組織はより簡単に顧客の満足度を高め、従業員を支援できるようになるとともに、オンデマンドのイノベーションを実現し、アプリを短時間で構築できるようになるはずです。

未来に向けて

SS&C Blue Prismが2023年を通し、さらにその後も前進を重ねて、インテリジェントオートメーションプラットフォームのユーザーが企業全体へのオートメーションの拡大、ワークフォースの統合、顧客と従業員のエクスペリエンスの変革に対応できるようになれば、デジタルトランスフォーメーションはもはや願望ではなく、現実になります。私たちはこの分野を先導し、お客様に最大限のサービスを提供し続けることに大きな意気込みを感じています。SS&C TechnologiesとSS&C Blue Prismはこれからも、インテリジェントオートメーションポートフォリオが変革の推進力となり続けるよう取り組んでいく所存です。