ブログ | 2019年09月11日

Blue Prism オンボーディング ~はじめよう! Blue Prism~ 第 4 回 オンライン コミュニティ

300x210 website 100

Blue Prism オンボーディングでは、これからエンタープライズ向け RPA の学習や評価を始める方のためのステップ バイ ステップ形式のガイドです。全 8 回で、利用を開始するまでに必要となる情報をお届けします。

第 4 回は、オンライン コミュニティにアクセスし、ディスカッションの閲覧、投稿、および投稿に返信する方法をご紹介します。

Blue Prism コミュニティは、組織のデジタル変革の促進、という共通の目的をお持ちのユーザーのみなさまが、エンタープライズ向け RPA に関する情報共有と学習を行い、新しいアイデアの創出につなげていただく、オンライン スペース。重要な発表や業界ニュースをいち早く提供しているほか、開催予定のイベント、ハッカソン、デモなどの最新情報も確認いただけます。

Blue Prism Japan ユーザー グループに参加する

日本のお客様は Blue Prism Japan ユーザー グループに参加いただくことで、日本語での投稿が行えます。

ここでは、Blue Prism ポータルにログインして、メニューから Blue Prism Community に移動する手順を紹介します。


1. Blue Prism ポータルにログインします。

メモ
ログイン済みの方は、次の手順に移動します。

ブラウザーを起動して、アドレス バーに「https://portal.blueprism.com」と入力します。

Blue Prism ポータルでアカウント情報 (電子メール アドレスとパスワード) を入力し、[ログイン] をクリックします。

Jpn 20190909 4001


2. Blue Prism ポータルでメニューの [Community] をクリックします。

Jpn 20190909 4002

注意
メニューの [Community] をクリックしても Blue Prism コミュニティが表示されない場合には、権限を付与する必要がありますので、[email protected] へメールで依頼してください。


3. Blue Prism Community が表示されます。

このサイトが最高のエクスペリエンスを提供するためにクッキーを使用していることを通知するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。

Jpn 20190909 4002 2


4. Blue Prism Community のメニューで [Communities] - [All Communities] の順にクリックします。

Jpn 20190909 4003

5. Blue Prism Community の利用ガイドラインが表示されます。同意いただける場合には、[Continue] をクリックします。

Jpn 20190909 4004


6. Blue Prism Community の [All Communities] のページで、ページ送りボタンやフィルターを使用して、参加するコミュニティを表示します。

ここでは Blue Prism Japan ユーザー グループに参加するため、[Japan User Group] の横にある [Join] をクリックします。

Jpn 20190909 4005


7. Blue Prism Japan ユーザー グループの更新通知を受け取る電子メール アドレスと頻度を選択し、[Yes join the community] をクリックします。

項目

説明

Real Time

メッセージが投稿されるたびに通知します。

Daily Digest

前日のすべての投稿を毎日通知します。

Plain Text

HTML 形式が削除されたメールで通知します。

I would like to opt-out of receiving email messages

通知を無効にします。

Jpn 20190909 4006


8. 今すぐコミュニティのホームページにアクセスするかどうか確認するメッセージが表示されますので、[Yes, navigate to the community.] をクリックします。

Jpn 20190909 4007

9. Blue Prism Japan ユーザー グループが表示されます。

Jpn 20190909 4008

ディスカッションを投稿する

Blue Prism Japan ユーザー グループでは、日本のお客様および Blue Prism 株式会社の社員が日本語でディスカッションをやり取りしています。ディスカッションはやり取りを閲覧するだけでなく、新しいテーマで投稿したり、既存のスレッドにコメントを返信したりすることもできます。

新しいディスカッションを投稿する

1. Blue Prism Japan ユーザー グループのページを表示します。

メモ
ログインしていない方は、Blue Prism ポータルのアカウント情報を入力して、ログインしてください。

2. Blue Prism Japan ユーザー グループ で [Discussion] または [議論] をクリックします。

Jpn 20190909 4100


3. [Discussion] で [Post New Message] をクリックします。

Jpn 20190909 4101


4. [Post a Message] で投稿内容を入力し、[Send] をクリックします。

項目

説明

To

投稿するユーザーグループを選択します。ここでは特に変更しません。

Cross Post To

関連付けるディスカッションがある場合に選択します。ここでは特に変更しません。

From

ユーザー名が入力されます。ここでは特に変更しません。

Subject

必須項目。件名を入力します。

(リッチテキスト フィールド)

投稿内容をリッチテキスト形式で入力します。

Signature

投稿者の署名が入力されます。ここでは特に変更しません。

Attachment

添付ファイルがある場合には、[Attach] をクリックしてファイルを選択します。

Jpn 20190909 4102

メモ
[Schedule] をクリックすると、指定した日時に投稿できます。また、[Save as Draft] をクリックすると、投稿せずに下書きを保存できます。

Jpn 20190909 4103

既存のスレッドにコメントを返信する

1. Blue Prism Japan ユーザー グループのページを表示します。

メモ
ログインしていない方は、Blue Prism ポータルのアカウント情報を入力して、ログインしてください。

2. Blue Prism Japan ユーザー グループ で [Discussion] または [議論] をクリックします。

Jpn 20190909 4100

3. [Discussion] で対象のスレッドをクリックします。

Jpn 20190909 4201


4. スレッドのページで対象の投稿の [Reply] をクリックします。

Jpn 20190909 4202

5. 投稿内容を入力し、[Send] をクリックします。

項目

説明

(リッチテキスト フィールド)

投稿内容をリッチテキスト形式で入力します。

Signature

投稿者の署名が入力されます。ここでは特に変更しません。

Upload File

添付ファイルがある場合には、[Upload File] をクリックしてファイルを選択します。

Jpn 20190909 4203

メモ
[Schedule] をクリックすると、指定した日時に投稿できます。また、[Save as Draft] をクリックすると、投稿せずに下書きを保存できます。

Jpn 20190909 4103

Blue Prism Japan ユーザー グループでは、活用方法や学習目的に応じたスレッドが投稿されているほか、新しいテーマで投稿することも可能です。エンタープライズ向け RPA 活用のベスト プラクティスや新機能についてディスカッションをやり取りできますので、ぜひご活用ください。

Blue Prism Japan ユーザー グループに参加するためには、下記のリンクをクリックして直接表示することもできます。

注意
下記のリンクをクリックしても Blue Prism コミュニティが表示されない場合には、権限を付与する必要がありますので、[email protected] へメールで依頼してください。

人と組織の可能性を最大化する

変化の激しい時代においては、人・システムに加え、第3の労働力であるデジタルワーカーを大規模に活用し、しなやかで柔軟な組織を創り上げることが必要です。デジタル化の流れが加速する中で組織はデジタルワーカーを活用し、バックオフィス業務からお客様対応まであらゆる業務を自動化していきます。Blue Prismが提供するインテリジェントなデジタルワーカーは、汎用性・自律性そしてセキュリティを兼備え、人と同じように時代に合わせて新しいスキルを身につけていきます。Blue Prismはビジネスのオペレーティングシステムとなり、オンプレミス・クラウド・マネージドサービスなど、ビジネスニーズに合わせた展開の選択肢を提供します。デジタルワーカーの導入は業務に対するより多くの洞察と統制そして創造的な業務に取り組む時間を提供し、人と組織の可能性を最大化します。Blue Prismと未来を創造しましょう。

導入のご相談 無償評価版

©2021 Blue Prism Limited. “Blue Prism”, the “Blue Prism” logo and Prism device are either trademarks or registered trademarks of Blue Prism Limited and its affiliates. All Rights Reserved.