Blue Prism Japan | Intelligent RPA Platform
backImage.title
Pyramid Outline

インテリジェントなRPAプラットフォーム

Blue PrismのインテリジェントなコネクテッドRPAプラットフォームは、ビジネスユーザー向けに設計され、ITガバナンスを目的として開発されました。

Blue Prismのデジタルワークフォース プラットフォームを構成する要素は以下です。

ICON Object Studio

オブジェクトスタジオ

ドラッグアンドドロップインタフェースを使ってプロセスオートメーションを開発

業務全体で「オブジェクト」、つまりイベントとアクションを再利用してプロセスを開発

変更内容がオブジェクトおよびプロセスライブラリ全体で反映されます。

ICON Digi Workforce

デジタルワークフォース

自律型ソフトウェアロボット

個人のシステム認証情報を共有しない

インテリジェントオートメーションスキルと呼ばれるAIおよびコグニティブ テクノロジーを用いた機能拡張

ICON Control Room

コントロールルーム

デジタルワーカーにプロセスを割り当てます。

タスクやデジタルワーカーのボリュームを必要に応じて調整します。

プロセスをリアルタイムで運用監視

Blue PrismのコネクテッドRPA プラットフォームはオンプレミスおよびクラウドの両方で導入可能

RPA Platform

セキュリティ、改ざん防止、および監査証跡

セキュリティ

Blue Prismのパートナー企業は、トップレベルのセキュリティテクノロジーを利用して、厳格なユーザーアクセス制御やマルチレベルの変更承認に加え、干渉のない分離された処理環境を実装することにより、データの整合性を保証するベストプラクティスを実施しています。

改ざん防止

Blue Prismの監査証跡は一元管理され、改ざん防止機能を備えているため、誰も変更や改ざんを行うことはできません。そのため、法令違反の申し立てや監査の際に反論の余地のない証拠を提供することができます。

監査証跡

Blue Prismの包括的なアクティビティログは、すべてのシステムイベントの監査証跡を作成するため、コンプライアンスの証拠を示すものとして利用できます。

ニーズに応じてノンコーディングで設定可能なRPA

Blue Prismの自動化の設計では、ノンコーディングまたはコーディングを必要に応じて任意に選択できるため、ビジネスユーザーとテクノロジーに精通したユーザーの両方のニーズに対応できます。

最新情報

Bp Dx Banner
ニュースルーム

Blue Prism、Digital Exchangeを発表 使いやすいインテリジェントオートメーションスキルを提供するマーケットプレイスによってベスト オブ ブリードのテクノロジーが利用可能に

顧客、開発者、およびパートナーコミュニティからの貢献によりインテリジェントデジタルワークフォース機能を強化

続きを読む
Bp Generic Thumb
ニュースルーム

Blue Prism、新しいアフィリエイトテクノロジーアライアンスパートナーシップにより、インテリジェントオートメーション機能をさらに拡充

K2、Loop AI Labs、re:Infer、RossumがBlue Prismの技術提携プログラムおよびパートナーエコシステムに参加、業界で最も幅広く革新的なインテリジェントオートメーションを実現

続きを読む
Bp Chart Banner
ニュースルーム

Blue Prism、単一の環境で複数の事業部門にわたり、デジタルワーカーをセキュアに導入できる初のRPAプラットフォームを発表

マルチチーム環境とGoogle Chromeのネイティブサポートを提供する新機能によりデジタルトランスフォーメーションを加速

続きを読む
閉じる